借金を再検証する

私達が「借金」なる2文字を目や耳にした時、おそらく条件反射的に「好ましくない先入観」を抱いてしまう傾向が否定出来ません。
ですが借金と表現されるに該当する行為を冷静に検証してみれば、必ずしも全てがその限りではありません。

たとえば企業が業務拡張に際し、銀行から先行投資資金を調達するのも「借金」ですし、数十年間の住宅ローンも完済までは契約者の「借金」なのです。
そんな一方、ギャンブルなどの遊興費や買い物依存症の果ての借金、返すメドも無く友人知人から少額を借り続けるのも借金であり、非常にファジーな言葉表現であるのも、どうやら事実です。

そんな「借金」は約束通りの返済が滞る事、あるいは貸し手と借り手の信頼関係の破綻などの複雑な事情がからむ中、時に「詐欺」と表現される行為へと、その位置付けを移してしまうリスクを有する行為でもあるのです。
「必ず期日まで返すと言っていたのに嘘じゃないか!?オマエは詐欺師か!?」といったニュアンスの怒声が飛び交う金銭関係のトラブルの場面、誰もがご記憶の片隅にお持ちのシチュエーションでしょう。

ここではそんな「1つ間違えば紙一重」とも捉えられる「借金」と「詐欺」の関係性に着目し、私達がこうした残念なトラブルのキャストとならぬよう、リスク回避に必要な基礎知識を一緒に確認して行きたいと思います。
今日手軽で簡単にキャッシングサービスなどが利用出来る環境下、私達の「借金」なる行為に対する抵抗感が薄らいでいる状況だからこそ、ぜひご一読ください。



○管理人推奨サイト
借金の減額や返済方法について無料相談を行っています →→→ 借金 返済方法

Copyright © 2014 詐欺と借金 All Rights Reserved.